« 雪のしなの鉄道と長野電鉄(5) 平原で湘南色115系と浅間山 | トップページ | 京王線 地上線の記録 (1)2023年春 代田橋(YouTube) »

2023年4月 5日 (水)

雪のしなの鉄道と長野電鉄(6) 長野電鉄YouTube篇


Nikon 1 J5
Fujinon-TV.Z C6x18 18-108mm F2.5

写真は全てご紹介しましたが、
長野電鉄で撮影した動画をYouTubeに公開しましたので、
そちらのご紹介で、ようやく年末信州撮影行の締めとなります。

手軽な動画撮影用として購入した「Nikon 1 J5」。
CマウントやFDマウントのアダプタを介して色々なレンズで撮影しましたが、
今回持ち出した「Fujinon-TV.Z C6x18 18-108mm F2.5」が、
一番いい相性かな、と感じております。

20221230_100445

レンズ名の「C6x18」の意味は、
「C」が「1型センサー用のイメージサークル」を持つレンズ
(ちなみに「A」は2/3型用、「S」は1/3型用、など)、
「6」はズーム倍率、「18」はワイド端の焦点距離、です。

ヤフオクで「Fujinon-TV C6x17.5 17.5-105mm F1.8」との2本セットで格安落札したもの。
「C6x17.5」の方が高級品という事になると思いますが、
「C6x18」の方が小型で取り回しがよい事、
また絞り開放から安定した画が得られるので、より実用的と感じます。

Nikon 1はマウントアダプタでマニュアルレンズを装着した場合、
液晶で露出を確認する事ができない仕様ですが、
「J5」の動画モードだと、絞りやシャッター速度を変えると、
ちゃんと液晶で明暗が確認できるので、動画を撮るにはもってこいです。

20221230_110251

動画の41秒以降のカットは、ハンディレコーダーである
「Zoom Handy Recorder H1」で同録した音声を使用しています。
フカレ対策でウインドスクリーンを被せてあります。
「XY方式」のステレオマイクは近距離集音には向いていますが、
電車を録るにはちょっと不向きかと思いつつも、
Nikon 1 J5の内蔵マイクよりは全然マシだろうと思います。
何より、小型なので荷物を増やさずに済むのが良いです。

今後も、写真撮影の傍らで動画を回してYouTubeに公開してまいります。

20221230_100432

|

« 雪のしなの鉄道と長野電鉄(5) 平原で湘南色115系と浅間山 | トップページ | 京王線 地上線の記録 (1)2023年春 代田橋(YouTube) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪のしなの鉄道と長野電鉄(5) 平原で湘南色115系と浅間山 | トップページ | 京王線 地上線の記録 (1)2023年春 代田橋(YouTube) »